バイク保険と交通事故についてですが、バイク保険に入っている目的としてはバイクによる交通事故の際の補償を充実させるために加入していることが多いと思います。

バイク保険を一番よく使う理由がやはりバイクでの交通事故です。

バイク保険が適用される事故として一番多いといわれているのが、直進しているバイクと、追い越して左折しようとした車の交通事故が多いといわれています。

簡単にいえば、左折車に巻き込まれてバイクの人が怪我をするという事故ですね。

この場合の過失割合は、バイクが1で自動車が9ということになります。これは一般的なことですから、バイクと自動車の過失の割合は、もしかすると事故のケースによっては違っているかもしれません。

バイクで事故を起こしてしまった場合でも、事故に巻き込まれてしまった場合でも、もともとバイクの自賠責保険には加入していますから、自賠責保険を利用すればいいのですが、自賠責保険は限度が低めに設定されていますから、ほとんどの場合が自賠責保険だけでは補いきれないといわれています。

ですからバイクの自賠責保険だけで補えなかった交通事故にかかった費用などを補うためにバイク保険の任意保険に入る必要があります。