関節痛、生活習慣病、糖尿病、虫歯、不妊症、白内障、手汗、うつ病などの原因と予防法、保険に関する事柄をまとめています。

関節痛、膝の痛みにサプリは良い?

  • HOME »
  • 関節痛、膝の痛みにサプリは良い?

「関節」の病気である関節炎。

その関節炎は大きく炎症性悪化性とがあり、関節が受けるダメージの種類によって分けられています。

たとえばリューマチや通風などは関節の周囲の結合組織の炎症も含む「炎症性」関節炎にあたります。

変形関節症のような、直接的な要因があって起こる外傷性関節炎は「悪化性」関節炎にあたります。

関節炎が起こりやすいのは、ひざ、指、手首、股関節、それから背骨の下のあたりなどで、その治療には鎮痛剤を用いて痛みを抑えるのですが、この鎮痛剤が原因で症状が進行するという専門家の声もあります。

動くたびに痛い。そんな関節炎を緩和することを期待されるものがグルコサミンです。

副作用がほとんど認められないグルコサミンは、関節のクッションの役目をしている軟骨に自然に溶け込める成分ですので、軟骨再生の補助をして、関節の痛みを緩和させていくのです。

ちなみに関節炎にかかりやすい人の特徴は、姿勢が悪い人、体重が重すぎる人、長時間にわたる厳しい作業をしている人、また遺伝的なもの、などです。

もし自分に当てはまるようでしたら、グルコサミンを摂って予防することを考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

グルコサミンの効果

歳を重ねるにつれて軟骨がすり減った結果、関節が変形してしまうことがあります。

階段を上ったり降りたりするときに辛いひざの痛みは「変形性膝関節症」と呼ばれる症状です。
この症状が進行すると、ひざに水がたまってしまうようになります。

関節の痛みは50代になると急に増え始め、60代になる頃には80%を越える人がひざや腰、また脊髄などに痛みや違和感を持つようになるといわれています。

こんなときグルコサミンを摂るとその関節の痛みを緩和することができます

50年以上も使われ続けている関節は、その摩擦で骨との間の軟骨をすり減らしてしまい、変形関節症が起きてしまいます。

変形関節症の進行を妨げるため、グルコサミンを摂取して軟骨を新しく生成する補助して関節症の改善をするのです。

ではなぜグルコサミンが軟骨の生成を助けるかというと、グルコサミンが軟骨の主成分であるため、それが加えられることで軟骨が元に戻り、よって痛みのあった関節を修復してくれるというわけです。

グルコサミンを摂り始めてから2週間程度で痛みの緩和を感じる人が多いようです。

ただし変形関節症の場合は痛みが改善されただけでは根本的に治ったとはいえません。

軟骨の再生には時間がかかるので、長期間のグルコサミン摂取をおすすめします。

また、グルコサミンとともにコラーゲンを摂るのもオススメです。

それは、コラーゲンには関節軟骨の老化を予防できるからです。

スポンサーリンク

コラーゲンサプリについて

美容効果の高さに期待してコラーゲンサプリを飲んでいる人が多くなっています。
関節が痛い人もグルコサミンと併せてコラーゲンを摂る方も多いです。

では、そもそもコラーゲンとはどのようなものでしょうか。

――コラーゲンとは、人体に含まれるたんぱく質の3分の1を占める成分で、筋肉や内臓、髪、骨など色々な部位に存在しています。

細胞と細胞を結合して体を構成しつつ、体内の水分を保持し、老廃物の排出や栄養供給をサポートしているのが特徴です。

つまりコラーゲンが体内で足りなくなると肌の潤いが失われてシミやしわの目立つお肌になってしまったり、骨や血管がもろくなったりするのです。

このコラーゲンは、身体の成長過程においてはたくさん存在しているのですが、年齢を重ねるごとに失われていき、25歳をピークに急激に減少するといわれています。

ですので、年を取ると髪が細くなったり肌が乾燥しシワが増えてしまったり骨がもろくなってしまうのです。

コラーゲンを補給しないと老いのスピードが増すので、ふかひれや牛すじなどでコラーゲンを摂取したいところですが、これらを毎日摂ることは難しいですしカロリーも高くなってしまい逆に身体によろしくないです。

なので気軽に毎日飲めるコラーゲンサプリはオススメです。

スポンサーリンク

膝の痛みのサプリで気をつけること

年齢を重ねると共に膝に痛みを感じるようになった。そういう方は多いようです。

最近では膝の痛みを緩和するためにサプリメントを利用する方が多いようですが、サプリメントを使うとどうして膝の痛みを緩和させることができるのでしょう?

膝の痛みの原因として最も多いものが関節の軟骨がすり減って、骨同士がこすれ合って痛むという『変形性膝関節症』です。
多くのサプリメントはこの関節症に対応できるよう作られています。

特にグルコサミンのサプリメントが、膝の痛みに効果があるといわれています。

グルコサミンを摂取した時にそのまま膝の軟骨に供給されるかはそのサプリメントに一緒に配合されている成分が大事なのですが、グルコサミンには関節の炎症や痛みを抑える効果はあるといわれています。

ちなみにグルコサミンサプリメントの効果が現れるのは1ヶ月から徐々にです。

膝の痛みが気になる方はグルコサミンのほかにコンドロイチンを多く含むものも愛用されています。

コンドロイチンは、新たな細胞を作り出す代謝作用を助けますのでグルコサミンの助けとなるからです。

またコンドロイチンはサメやほ乳類の体内に存在する関節から作られますので相性が良いのでしょう。

気を付けていただきたいのは、サプリメントの成分には、天然成分と合成成分とがあることです。

体への吸収率を高めるのは、値段は高くなってしまいますが『天然成分』です。

ご購入の際はまず成分を確かめる。そして、天然を謳うサプリメントであってもその会社の実績など調べてからにしましょう。

健康になるためにサプリメントを飲むのに、体がおかしくなったのでは仕方ないですからね。

スポンサーリンク

関節の痛みには軟骨サプリメント

関節の痛みに良いといわれる軟骨サプリメント。
特にグルコサミンコンドロイチン硫酸ヒアルロン酸コラーゲンなどの成分が含まれている軟骨サプリメントが人気です。

軟骨サプリメントの成分の一つであるグルコサミンは実に30年以上研究されてきた成分で、変形性関節症の治療薬として効果的であるということが分かっています。

グルコサミンを1日当たり1500mg服用することにより約25%の人が、関節の痛みが改善されたと医学雑誌で報告されたそうです。

コンドロイチン硫酸も、変形性関節症の症状の改善が報告されています。

そして軟骨の効果だけに限らず保水性、弾力性をもつことも特徴です。靱帯や関節などのなめらかな動きを維持するためにも、この成分は不可欠でしょう。

ヒアルロン酸は間接軟骨が擦り減るのを防いでいます。
間接内にヒアルロン酸を注射して、膝関節の痛みを和らげるという治療方法もあるくらいです。

細胞と細胞の間に存在するのがコラーゲンという物質で、肌の老化が始まる原因はコラーゲンが不足することです。若さを保つためにはコラーゲン摂取は必須でしょう。

コンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸、コラーゲンが摂れる軟骨サプリメントを日々の食事にとりいれることはアンチエイジング法のひとつとして効果的といえると思います。

若さを保てば関節痛の悩みも緩和して毎日元気に過ごせます。
軟骨サプリなどのコンドロイチン、グルコサミン等が豊富に含まれたサプリメントをお役立てください。

[PR]鮭由来のコンドロイチンが豊富!
元気に歩く!軟骨成分コンドロイチンと国産グルコサミン、キャッツクロウ配合『毎日活歩』

PAGETOP
CopyRight(C)disease-prophylaxis.work